バイトの心理なんて大抵そんなもんです

所詮は使い捨ての利くアルバイトの身の上、 支払われている給料分は働きますが、それ以上の労働はお断りです。

時代の流れ?

次の世代のゲーム機はストリーミング配信が主体になるそうですが、 手元に置いておきたいゲームとかはどうすればいいんでしょうね?

やっとゴールド免許に!

20代になって自動車の運転免許を取得し、 30代になって中型バイク免許(AT限定ですが)を取得。

どうせやるなら徹底的に。

前にも書きましたが、 戦闘機に80発超のミサイルを搭載できる バルキリー裸足の搭載量がある時点でリアリティーも へったくれもありゃしませんって。

まぁそんなもんでしょうな、と。

バーグマン200に乗り始めてもう3年近くになる訳ですが、 初期型なので、振動がちょっと強烈です。

なかなかに難しいですね

現在、介護福祉士試験の受験資格を満たす為に介護施設で アルバイトに精を出している訳ですが、 今いる職場に踏み留まり続けるのもあと1年を切りました。

結局のところ

今の時代、会社に人生や人生の楽しみを預託する、 という事自体がリスクなんだと思います。

中途半端なリアリティー追及が悪癖

エースコンバットシリーズが大好きな僕ですが、 最新作である7より3の方が好きだったりします。

見切りを付けましょう

天下のトヨタが終身雇用制は維持できないとか言ったそうですが、 そりゃそうでしょうよ、と。

趣味っていうモノは

損得勘定、打算等の感情抜きで楽しいから、 大半の人はその趣味をしているんじゃないでしょうか。

そりゃそうでしょうよ、と。

あまり言いたくはありませんが、 作家だって立派なお仕事です。

そんな気は毛頭ありません。

今いる職場で正社員として働こうという気は全くありません。

大半の趣味にあてはまると思うんですが

ぶっちゃけてしまいますが、殆どの趣味って、 それに興味が無い人間からしたら 単なる浪費なんですよ。

残りの人生設計について

まぁ取り敢えず、来年の今頃になるまでは今の会社でバイトして、 介護福祉士試験の受験資格を満たさないとお話になりませんね。

今日は風邪でダウンしていました

久しぶりに風邪をひいたので、 今日は仕事を休むことにしました。 流石に38.5度は出勤しても働けないでしょうし、 何より利用者様にうつしたりしたら大変なので。 かかりつけの医者に行って点滴&抗菌剤をもらい、 市役所に行ってバイクの税金支払い免除…

悔いの少ない人生を。

人間は、必ず死にます。 だからこそ、やりたい事、したい事があるなら 躊躇わずやるべきだと考えます。

いまはただ、風に吹かれるままに

所詮はお気楽極楽、時給雇いのアルバイトの身の上。 上司に媚を売る必要なんてどこにもありゃしませんので、 僕は誰にも媚を売る気はありません。

どうだっていいです、そんな事

元から皆が皆に評価されたい、認められたいなんて思っちゃいない。 誰に分かってもらいたいのか、誰に認めてもらいたいのかは自分で決めます。

不惑の歳まで生きることが出来たなら

ZARDの坂井泉水さんは僅か40歳でこの世を去られた。

現代に蘇る姥捨て山の実態

介護施設に勤め始めてはや2年。 見えてきたのは、施設内に漂う絶望にも似た諦念の空気。

勇気が無いんですよ。ただそれだけ。

ヘイトスピーチにせよ、障害者大量殺傷にせよ、 実行に移す人間が過激な思想に染まりがちなのは、 自分に対する自信がないからなんですよね。

足元を見られたか?

今働いている介護施設では外国の方も勤務されているのですが、 最近欠勤が多くなりました。

理論より実践

仕事を始めとする物事は教えるのに限界がある、と常に感じています。

トイガンが大好きです

フィギュア収集も趣味の1つですが、 それよりも好きなのがトイガン、特にリボルバー拳銃型トイガンには拘りがあります。

 何に価値を見出すのか?

世の中にはモノが溢れている。

言いたくはありませんが

今の職場も、そろそろ潮時かなぁ?などと自分の中で会議が絶賛開催中です。

言っちゃなんですが

所詮は時給雇いのアルバイトの身の上、 支払われている給料分は働きますが、それ以上のキャパシティなんぞ 欠片ほども持ち合わせちゃいません。

風と共に去りぬ、が退職時の目標です

今はアルバイトとして研鑽を積んでいる最中ですが、 無論、一生をアルバイトという身分で終えるつもりは毛頭ありません。

何を選ぶかが重要

何に価値を見出し、何に縛られるのかを選ぶのが大人になる、という事なのでしょう。 個々の価値観の違いを受け入れ、自分の思い描いた未来に向かって進んでいく。 結婚して子供を作って家庭を築くのもよし、 独身を貫くのもまたよしです。 モノの見方がひと…

他人様の財布でも、明らかな浪費を見るのは辛いです

昨日に続いてソーシャルゲームのガチャ課金についてです。