格上チャロナーさん相手に奮闘中です。

休日は食料品の買い出し以外はなるべく でかけないようにして、 自宅でフラストレーション解消の為に PS4Proで専らバーチャロン・マスターピースを プレイしています。

流石に堪忍袋の緒が切れました。

やっとの思いで新しい職場を見付けて、 いざ職場に出勤、というところで まさかまさかのバッテリー死亡。

なかなかに手強いですね。

新しい職場で仕事を始めてから、 初の休日です。 新しい職場ですが、 シフトの融通が利くのがいいですね。

やり遂げようと思います。

新しい職場が見付かり、 来週の月曜日から働き始める事になりました。

我が家の冬事情について。

基本的に、我が家に於いて 冬場の昼間はアラジンの電気ストーブを稼働させます。 これがまた暖かいんですよねー。 夜寝る際は着る毛布・毛布・羽毛布団・NWARMの 4点セットがあれば、エアコンを 稼働させる必要が無くなります。

もうどうでもいいです、そんなことは。

体面とか体裁とか世間体なんて、 気にしている暇は僕の人生には 残されていません。

残りはあと何年?

人生の折り返し地点に立って思うのは、 残りの人生が何年残されているだろうか? という疑問でした。

待つのにも力が要るなぁ、と。

とにかく今は急いで新しい職場を見付けて、 そこで生活を安定させるのが最優先。 趣味の類は音楽を聴くこと以外は封印して、 転職活動に励んでいます。

ただ今絶賛転職活動中!です。

今いる職場に見切りを付けて、 新しい職場をサッサと見付けて働き、 金を稼いでパソコンとデジカメのローンを完済出来るように しないと、と思いながら派遣会社に登録しまくっています。

まだ、終わるわけにはいかない。

産まれて初めて自分で未来予想図を描き、 ひたすらにそれを求めて耐え抜いてきた。 しかし、手にしたハズの未来は砂のように崩れ去った。

さぞ滑稽だったでしょうな。

生まれて初めて未来予想図を描き、 過酷な環境下の中、自分を叱咤して3年間、 耐えに耐えてきました。 しかし望んだ未来のカタチが、 希望が既に朽ち果てているなんて、 誰が想像出来たでしょうか。

後悔なく死に逝く為には何が要るだろう?と。

思うがままに生き、後悔なく死に、亡骸は美しいままに。 byジェームズ・ディーン 介護の仕事をし始めて以降、 この言葉が僕の人生の指針となりました。

取り敢えずの方針表明ですが。

取り敢えず、明後日に新しい職場での面接の予定が入りました。 素直に喜ばしい事だと受け止めています。

来たるべき時が来ました。

流石に月に数回程度の勤務量では 生活をしていけないので、 自ら望んで職場を去る事に決めました。

取り敢えずの目標、ですが。

介護施設で働き始めて、はや3年が経過しました。 介護福祉士試験の受験資格は満たされましたが、 受験に必要な資格である実務者研修を受講していないので 介護福祉士試験を受験する事は出来ません。

なるべく無理はしないように。

僕の大好きな俳優さんは、僅か50歳でこの世を去られている。 僕も同じだとすると、残りの人生はたった10年しかない事になる。

今は兎に角、黙って我慢が最善手。

今月は、25日以降に借りている駅前駐輪場の 契約更新が控えています。 普通2輪用なので多少高いですが、 バイクで仕事場に行けない事情を勘案すると、 やはり借り続けるのが最善手かと。

瘦せすぎも問題ありかと。

お医者様から出来得る限り炭水化物類を摂らない生活を送り、 減量するよう言われたのでここ半年ほど、 出来る限り炭水化物類を摂らないか、 もしくは最低限度しか炭水化物類を摂らないように 心がけた生活を送ってきました。

バーグマン200ですが。

我が愛車であるバーグマン200ですが、 買ってからもうすぐ4年になりますね。

こういったモノこそ一挙に更新がベストでは?

いやー、更新されましたねー、 自衛隊の主力小銃が新型に。 89式から20式5.56mm小銃に。 でもまぁ課題山積だとは思いますが。

何を以て満足とするかが最大の問題かと。

もうすぐ僕も、不惑の歳である40歳を迎えることになります。 人生の折り返し地点に立って思うのは、 何を以て満足とするか? この先、何を得たら幸せを感じられるか? その2点を僕は重要視しています。

これほど愚かな行為はないとしか。

僕は11年前、会社勤めをしている時に上司からのパワハラによって、 うつ病を発症し、視界から総ての色が消え失せ、 食べ物の味が全く感じられなくなりました。 自殺を考えた事なんて、何回目か数えるのをやめる位にあります。 しかし、それでも自殺という…

人生の折り返し地点まで、あとわずか。

来月になれば、僕も不惑の歳である40歳になります。 人生の折り返し地点に到着してみて、 思うことは多々あります。

そりゃそうだ。としか言えませんね。

結局のところ、どう生きても人は必ず死ぬのだ。 ならば出来る限り、自分の心に正直でいたいものですね。

それはもう問題じゃない。

人生があと何年あるかは分からない。 しかし、しかしだ。

そんな暇は無い。

僕の大好きな歌手さんである和田光司さんは、 僅か42歳でこの世を去られている。 僕も同じかも知れない。

所詮はそんなもんでしょうな、ということで。

サービス業従業員の頭の中なんて、 大抵こういったドロドロした感情が 詰まっていると僕は考えています。

時期が悪すぎますね、ということで。

世界中コロナウイルス騒動で、天地をひっくり返したかのような騒ぎ。 今年の5月に転職をする予定で日々の仕事に邁進してきましたが、 どうもこりゃリーマンショック級のド不景気になりそうなので 転職予定を延期する事を決めました。 少なくとも、今年中に…

良いのか悪いのかは分かりませんが。

最近、休日は自宅に籠もってバーチャロンの オラタンでオンライン対戦ばかりしています。

死への恐怖は無い。

別に、死ぬのが怖い訳じゃない。 ただ、後悔の念と共にこの世を去り逝くのが 唯一恐ろしい事だと僕は思っています。